御船町総合トップへ

国民健康保険税の計算例(令和2年度)

最終更新日:
 

計算の考え方(令和2年度)

国民健康保険税は、医療分・支援金分・介護分の合計額で決められますが、それぞれの税額について、以下の3つの区分により算出されます。算出した額から100円未満を切り捨てた額がそれぞれの税額になります。
介護分については、40歳~64歳までの国保被保険者がいる場合に課税されます。
1.所得割額
  前年中の総所得金額から基礎控除額330,000円を除いた金額に税率をかけて算出します。
2.均等割額
  国保加入人数に税額をかけて算出します。
3.平等割額
  世帯ごとに(医療分は22,000円、支援金分は8,000円)が課税されます。(平等割額は、介護分にはありません。)
 
・課税限度額
  上記により算出した金額の合計額が、医療分は63万円、支援金分は19万円、介護分は17万円を上回った場合、超過した金額は課税されません。

 

国民健康保険税の計算例

例1 世帯の所得が330,000円以下の場合

例2 給与所得者の場合1

例3 給与所得者の場合2

例4 自営業者(妻が専従者)の場合

例5 65歳未満の公的年金受給者の場合

例6 65歳以上の公的年金受給者の場合

例7 自宅を売却した譲渡所得がある場合

 

 

(例1)世帯の所得が330,000円以下の場合

夫 (年齢)40歳~64歳 所得内容 (給与収入) 950,000円 (給与所得) 300,000円

妻 (年齢)40歳~64歳 所得内容  収入無し

 

 所得割額が、総所得金額から基礎控除額330,000円を除いた金額から算出するので、所得割額は0円になります。

 軽減判定所得は、世帯の所得が330,000円以下になりますので、均等割及び平等割が7割軽減されます。

 

1.医療給付費分(医療分)

所得割額 0円  

均等割額 2名×(25,000円-17,500円(7割軽減額)) = 15,000円

平等割額 22,000円-15,400円(7割軽減額)     =  6,600円

 

税額  21,600円

 

2.後期高齢者支援分(支援金分)

所得割額 0円

均等割額 2名×(9,000円-6,300円(7割軽減額))= 5,400円

平等割額 8,000円-5,600円(7割軽減額)     = 2,400円

 

税額  7,800円

 

3.介護納付金分(介護分)

所得割額 0円

均等割額 2名×(13,000円-9,100円(7割軽減額))= 7,800円

 

税額  7,800円

 

4.年間保険税額(医療分+支援金分+介護分)

医療分     21,600円

支援金分     7,800円

介護分      7,800円

 

・年間保険税額   37,200円

 

 

 

 

(例2)給与所得者の場合1

夫 (年齢)39歳以下  所得内容 給与収入 3,000,000円  給与所得 1,920,000円

妻 (年齢)39歳以下  所得内容 収入無し

 

 所得割額が、総所得金額から基礎控除額330,000円を除いた1,590,000円から算出します。

 介護納付金分は、世帯員に該当者がおりませんので、かかりません。

 軽減判定所得は、世帯の所得が330,000円+520,000円×被保険者(2名)=1,370,000円(2割軽減)を上回りますので、軽減はかかりません。

 

1.医療給付費分(医療分)

所得割額 1,590,000円×8.2% = 130,380円

均等割額 2名×25,000円 = 50,000円

平等割額 22,000円

 

税額   202,380円 ≒ 202,300円(100円未満の端数切捨)

 

2.後期高齢者支援分(支援金分)

所得割額 1,590,000円×2.8% = 44,520円

均等割額 2名×9,000円 = 18,000円

平等割額 8,000円

 

税額   70,520円 ≒ 70,500円(100円未満の端数切捨)

 

3.介護納付金分(介護分)

所得割額 0円(無し)

均等割額 0円(無し)

 

税額   0円

 

4.年間保険税額(医療分+支援金分+介護分)

医療分    202,300円

支援金分    70,500円

介護分        0円

 

・年間保険税額  272,800円

 

 

 

 

 

(例3)給与所得者の場合2

夫 (年齢)40~64歳以下  所得内容 給与収入 4,500,000円  給与所得 3,060,000円

妻 (年齢)40~64歳以下  所得内容 収入無し

息子(年齢)39歳以下    所得内容 収入無し

娘 (年齢)39歳以下    所得内容 収入無し

 

 所得割額が、総所得金額から基礎控除額330,000円を除いた金額から算出するので、所得割額は2,730,000円から算出します。

 介護納付金分は、世帯員に2名いますので、均等割人数は2名になります。

軽減判定所得は、世帯の所得が330,000円+520,000円×被保険者(4名)=2,410,000円(2割軽減)を上回りますので、軽減はかかりません。

 

1.医療給付費分(医療分)

所得割額 2,730,000円×8.2% = 223,860円  

均等割額 4名×25,000円 = 100,000円

平等割額 22,000円

 

税額  345,860円 ≒ 345,800円(100円未満の端数切捨)

 

2.後期高齢者支援分(支援金分)

所得割額 2,730,000円×2.8% = 76,440円

均等割額 4名×9,000円 = 36,000円

平等割額 8,000円

 

税額  120,440円 ≒ 120,400円(100円未満の端数切捨)

 

3.介護納付金分(介護分)

所得割額 2,730,000円×2.1% = 57,330円

均等割額 2名×13,000円 = 26,000円

 

税額  83,330円 ≒ 83,300円(100円未満の端数切捨)

 

4.年間保険税額(医療分+支援金分+介護分)

医療分    345,800円

支援金分   120,400円

介護分     83,300円

 

・年間保険税額  549,500円

 

 

 

 

 

(例4)自営業者(妻が専従者)の場合

夫 (年齢)40~64歳以下  所得内容 営業所得 2,500,000円

妻 (年齢)40~64歳以下  所得内容 給与収入 1,200,000円 給与所得 550,000円

息子(年齢)39歳以下    所得内容 収入無し

娘 (年齢)39歳以下    所得内容 収入無し

 

 所得割額が、営業所得と専従者の給与所得からそれぞれ基礎控除額330,000円を除いた(夫)2,170,000円、(妻)220,000円から算出します。

介護納付金分は、世帯員に2名いますので、均等割人数は2名になります。

軽減判定所得は、世帯の所得が330,000円+520,000円×被保険者(4名)=2,410,000円(2割軽減)を上回りますので、軽減はかかりません。

 

1.医療給付費分(医療分)

所得割額 (営業所得分) 2,170,000円×8.2% = 177,940円

     (専従者分)   220,000円× 8.2% = 18,040円  (合計)195,980円

均等割額  4名×25,000円 = 100,000円

平等割額  22,000円

税額    317,980円 ≒ 317,900円(100円未満端数は切捨)

 

2.後期高齢者支援分(支援金分)

所得割額 (営業所得分) 2,170,000円×2.8% = 60,760円

     (専従者分)   220,000円×2.8% =  6,160円 (合計)66,920円

均等割額  4名×9,000円 = 36,000円

平等割額  8,000円

税額    110,920円 ≒ 110,900円(100円未満端数は切捨)

 

3.介護納付金分(介護分)

所得割額 (営業所得分) 2,170,000円×2.1% = 45,570円

     (専従者分)   220,000円×2.1% =  4,620円 (合計)50,190円

均等割額  2名×13,000円 = 26,000円

税額    76,190円 ≒ 76,100円(100円未満端数は切捨)

 

4.年間保険税額(医療分+支援金分+介護分)

医療分     317,900円

支援金分    110,900円

介護分      76,100円

 

年間保険税額  504,900円


 

 

(例5)65歳未満の公的年金受給者の場合

夫 (年齢)61~64歳以下  所得内容 年金収入 2,400,000円 年金所得 1,425,000円

妻 (年齢)61~64歳以下  所得内容 収入無し 年金所得 0円

 

 所得割額が、総所得金額から基礎控除額330,000円を除いた1,095,000円から算出します。

軽減判定所得は、世帯の所得が330,000円+520,000円×被保険者(2名)=1,370,000円(2割軽減)を上回りますので、軽減はかかりません。

 

1.医療給付費分(医療分)

所得割額 1,095,000円×8.2% = 89,790円  

均等割額 2名×25,000円 = 50,000円

平等割額 22,000円

 

税額   161,790円 ≒ 161,700円(100円未満端数は切捨)

 

2.後期高齢者支援分(支援金分)

所得割額 1,095,000円×2.8% = 30,660円

均等割額 2名×9,000円 = 18,000円

平等割額 8,000円

 

税額   56,660円 ≒ 56,600円(100円未満端数は切捨)

 

3.介護納付金分(介護分)

所得割額 1,095,000円×2.1% = 22,995円

均等割額 2名×13,000円 = 26,000円

 

税額   48,995円 ≒ 48,900円(100円未満端数は切捨)

 

4.年間保険税額(医療分+支援金分+介護分)

医療分      161,700円

支援金分       56,600円

介護分        48,900円

 

年間保険税額  267,200円

 

 

 

 

(例6)65歳以上の公的年金受給者の場合

夫 (年齢)65~74歳以下  所得内容 年金収入 2,400,000円 年金所得 1,200,000円

妻 (年齢)65~74歳以下  所得内容 収入無し 年金所得 0円

 

 所得割額が、総所得金額から基礎控除額330,000円を除いた870,000円から算出します。

 介護納付金分は、世帯員に該当者がおりませんので、かかりません。

 この世帯の判定基準の所得は、1,200,000円-150,000円(※老年者控除)=1,050,000円になります。

軽減判定所得は、世帯の所得が330,000円+520,000円×被保険者(2名)=1,370,000円(2割軽減)を下回りますので、均等割及び平等割が2割軽減になります。

 ※老年者控除:65歳以上の年金所得がある方に対して、年金所得から150,000円を差し引く控除

 

1.医療給付費分(医療分)

所得割額 870,000円×8.2% = 71,340円

均等割額 2名×(25,000円-5,000円(2割軽減額)) = 40,000円

平等割額 22,000円-4,400円(2割軽減額)= 17,600円

 

税額   128,940円 ≒ 128,900円(100円未満端数は切捨)

 

2.後期高齢者支援分(支援金分)

所得割額 870,000円×2.8% = 24,360円

均等割額 2名×(9,000円-1,800円(2割軽減額)) = 14,400円

平等割額  8,000円-1,600円(2割軽減額) = 6,400円

 

税額   45,160円 ≒ 45,100円(100円未満端数は切捨)

 

3.介護納付金分(介護分)

所得割額 0円(無し)

均等割額 0円(無し)

 

税額   0円

 

4.年間保険税額(医療分+支援金分+介護分)

医療分     128,900円

支援金分     45,100円

介護分         0円

年間保険税額  174,000円

 

 

  

(例7)自宅を売却した譲渡所得がある場合

夫 (年齢)40~64歳以下  所得内容 営業所得 2,000,000円

                    譲渡所得 3,500,000円(特別控除後)

妻 (年齢)40~64歳以下  所得内容 収入無し

息子(年齢)39歳以下    所得内容 収入無し

 

 所得割額が、総所得金額(営業所得と特別控除後の譲渡所得の合計額)から基礎控除額330,000円を除いた5,170,000円から算出します。

 介護納付金分は、世帯員に2名いますので、均等割人数は2名になります。

軽減判定所得は、世帯の所得が330,000円+520,000円×被保険者(3名)=1,890,000円(2割軽減)を上回りますので、軽減はかかりません。

 

1.医療給付費分(医療分)

所得割額 5,170,000円×8.2% = 423,940円  

均等割額 3名×25,000円 = 75,000円

平等割額 22,000円

 

税額   520,940円 ≒ 520,900円(100円未満の端数切捨)

 

2.後期高齢者支援分(支援金分)

所得割額 5,170,000円×2.8% = 144,760円

均等割額 3名×9,000円 = 27,000円

平等割額 8,000円

 

税額   179,760円 ≒ 179,700円(100円未満の端数切捨)

 

3.介護納付金分(介護分)

所得割額 5,170,000円×2.1% = 108,570円

均等割額 2名×13,000円 = 26,000円

 

税額   134,570円 ≒ 134,500円(100円未満の端数切捨)

 

4.年間保険税額(医療分+支援金分+介護分)

医療分     520,900円

支援金分    179,700円

介護分      134,500円

 

年間保険税額  835,100円

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5744)
御船町

〒861-3296  熊本県上益城郡御船町大字御船995-1  
Tel:096-282-1111   Fax:096-282-2803  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

Copyrights(c)2017 MifuneTown All Rights Reserved

御船町役場

〒861-3296
熊本県上益城郡御船町大字御船995-1 Tel:096-282-1111 Fax:096-282-2803
【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
Copyrights(c)2017 MifuneTown All Rights Reserved