御船町総合トップへ

年金天引き世帯の世帯主が75歳になる年度の納付方法

最終更新日:
  

4月から10月に世帯主が75歳になる場合

 当年度は国保税の年金天引き(特別徴収)は行いません。年間国保税全額を普通徴収で納付していただきます。
 該当する世帯には事前(前年度2月中)に案内文を送付します。この案内文は年金天引き(特別徴収)に該当する以前の納付方法に戻る旨の案内となります。(国保税の振替口座の登録がある方は口座振替、ない方は納付書払い)
当年度の国保税・納付方法につきましては、6月中旬に納入通知書を世帯主の方にお送りしますが、あらかじめ納付方法や登録口座を確認されたい場合には、お手数ですが、役場税務課までお問い合わせください。
なお、4月に75歳になる方(誕生日が4月1日から4月30日までの方)の国保税は該当年度には計算されません。そのため、75歳になる世帯主以外に国保の加入者がいない場合は、当該年度の国保税は不要です。
 

11月から翌年3月に世帯主が75歳になる場合

11月・12月に75歳になる世帯主の場合は、10月まで年金天引き(特別徴収)となります。1月・2月に75歳になる世帯主の場合は、12月まで年金天引き(特別徴収)となります。
※11月~2月に75歳になる世帯主の方に事前に届いている年金振込通知書には、12月又は2月以降も国保税が年金天引き(特別徴収)される通知となっておりますが、確認は税務課から送付する納入通知書で行ってください。実際の振込状況が記載された年金振込通知書は、年金天引きが停止(中止)になる月に改めて届きます。
3月に75歳になる世帯主の場合は、2月まで年金天引き(特別徴収)となります。
 
(注意)
なお、75歳になる世帯主以外に国保の加入者がいる場合は、上記の月以降は以前の納付方法に戻ります。毎年6月の年間国保税を決定する段階で、年間天引き(特別徴収)に該当する条件を満たさない停止(中止)事由に該当する場合には、上記の納付方法にはならず、停止(中止)事由に該当する場合の納付方法になります。
 
共通事項
国保税の年金天引き(特別徴収)が停止(中止)された場合、年間国保税の残りは普通徴収にて納付していただきます。
 
(参考)国保と後期高齢者医療保険制度
国保の被保険者が75歳になると、自動的に国保を脱退し後期高齢者医療制度に移行します。
 

国民健康保険税の計算方法について

国保はあらかじめ75歳の誕生月の前月分まで計算されます。
後期高齢者医療保険料は75歳の誕生月分から計算されます。
同じ月にお支払が重なる場合がありますが、保険税が二重に計算されることはありません。

 

 

後期高齢者医療保険料の口座振替について

国保税を口座振り替えにしていた場合でも、後期高齢者医療制度の保険料を口座振替にするためには、改めてお手続きが必要です。

 




 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:5738)
御船町

〒861-3296  熊本県上益城郡御船町大字御船995-1  
Tel:096-282-1111   Fax:096-282-2803  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

Copyrights(c)2017 MifuneTown All Rights Reserved

御船町役場

〒861-3296
熊本県上益城郡御船町大字御船995-1 Tel:096-282-1111 Fax:096-282-2803
【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
Copyrights(c)2017 MifuneTown All Rights Reserved