御船町総合トップへ

梅雨、台風のとき

最終更新日:

■土砂災害から身を守るには

山間部はがけ崩れ、地すべり、平坦部では河川の氾濫に気をつけましょう。
 大雨情報をこまめにチェックし、1時間に20ミリ以上、または降り始めから100ミリ以上の降雨量になったら、十分な注意が必要です。
 

 

土石流

長雨や集中豪雨などで、川底や山腹の土砂が一気に下流へ押し流され、一瞬で家や田畑が土砂にのみこまれてしまいます。

【ここに注意】
山鳴りがする。
雨が降り続いているのに、川の水位が下がっている。
川の流れが急に濁ったり、流木が混ざったりし始める。

【身を守るには】
土石流は時速20~40km。とても早い速度です。
逃げる時は、流れに背を向けて逃げたのでは追いつかれてしまうため、土砂の流れる方向に対して直角に逃げるようにします。
 

 

がけ崩れ

大雨や地震の影響で土がゆるみ、急に斜面が崩れ落ちることがあります。
突然に起きるので注意が必要です。

【ここに注意】
がけに亀裂ができている。
がけから濁った水が湧いてくる。
小石がバラバラと落ちてくる。

【身を守るには】
日ごろからお住まいの地区の「急傾斜地危険箇所」を確認しておきましょう。
異変を見つけたらすぐにその場を離れて、避難してください。
御船町役場○○課へ通報をお願いします。
 

 

地すべり

大雨や地下水の影響で土がゆるみ、ゆっくりと斜面が下方に移動していきます。
移動していく土砂の量が膨大なため、被害も大きいのが特徴です。

【ここに注意】
池や沼の水や井戸水が濁る。
地面にひび割れができる。
斜面から水が噴き出す。
家や壁、樹木が傾く。

【身を守るには】
日ごろからお住まいの地区の「地すべり危険地域」を確認しておきましょう。
もしもの時に備え、避難する場所、避難経路を家族で話し合っておきましょう。
地すべりが起こると、家屋の倒壊、停電、道路が通行不能になるなどの被害のほか、地すべりした土地が川を塞ぎ、上流に水が溜まって家が水没したり、下流に洪水が起こったりします。
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:11)
御船町

〒861-3296  熊本県上益城郡御船町大字御船995-1  
Tel:096-282-1111   Fax:096-282-2803  

【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

Copyrights(c)2017 MifuneTown All Rights Reserved

御船町役場

〒861-3296
熊本県上益城郡御船町大字御船995-1 Tel:096-282-1111 Fax:096-282-2803
【開庁時間】月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝日、年末年始を除く)
Copyrights(c)2017 MifuneTown All Rights Reserved